忍者ブログ
世の中の色んなことにドロップキックとか水平チョップしたりするブログ
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダブルで転載

総裁選立候補者の一人、河野議員が売国奴呼ばわりされている件について、2つの記事から転載させて頂きます。どう判断するかは各自にお任せします。

まずは「麻生首相を支える会の応援サイト」様より。

国籍法の時に、国籍法改悪案を生み出したのは河野太郎だという誤報がながれました。当時ブログが炎上して閉鎖に追い込まれたことを覚えて居る人も多いかとおもいます。

いまだに河野洋平氏という父と政治思想が同じでないかという誤解も非常に多いです。

そして総裁候補として名前が挙がった途端、水間さんから

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

自民党ホームページへ意見を!

昨年、国籍法改悪の主導者の一人である河野太郎 議員が、自民党総裁との情報に触れ青天の霹靂です。

万が一にも、情報通りにならないように、皆さまの意見を自民党ホームページにコメントすることが必要と思っております。
河野総裁では、自民党の自殺行為だとわかっていないようです。

【ネットだけ転載フリー】
ジャーナリスト・水間政憲

http://www.jimin.jp/jimin/goiken/ (自民党へのご意見)

----

これが来ました。当然ミクシも2chも炎上している様子です。

私も同意していたところ、私に麻生さんの側近からメールがきました。

実は河野太郎さんは麻生さんの側近中の側近。非常に仲良く仕事がおわってから2人でお酒を飲むくらいの仲良し。麻生派としては河野さんを育てたい誤解を解きたいと考えているようです。

そこで話をもう一度元に戻し国籍法の誤解から次々とマスコミ、ネットの戦略でおとしめられた河野太郎氏にまつわる誤解を私の日記上でといていっています。

かなりの部分が解き明かされていますので、そろそろここにまとめて掲載します。麻生さんと同じように巧妙に作られています。
-----

まず、最初に頂いた事実関係から・・・



●河野氏は松本純氏と友に麻生自民党チャンネル ニコ動+youtube自民党チャンネルを造った。そこで、マスコミを批判したことで、ネガティブキャンペーンがあったということ。


●マスメディア攻撃
http://www.taro.org/blog/index.php/archives/822
※これはあまり知られていないことですが、自民党でマスメディア攻撃の急先鋒は河野さんです。もし河野さんが主張している、電波使用料の
値上げが実現されたら、日本のマスコミの半分以上は経営破綻します。

と言うことを実施したということ。
 

 

だからマスコミからの攻撃は大きい。

引退勧告
http://news.2ch.net/newsplus/kako/1021/10215/1021525435.html


●原子力空母導入論
http://www.taro.org/2008/06/newcarrier.php


河野太郎さんが総理になった場合、もし東アジア情勢が不穏になったら、原子力空母をつかって普通にカウンター攻撃しかけるくらいの気力があります。



また

●国籍法改正案を推進していたのは河野さんではなく 親中派の議員(古賀さんなど)です。

河野さんが元法務副大臣で、移民などに関する検討チームの座長をしていた関係で、河野さんのチームがやっていたと誤解されました。

河野さんは日本文化を理解して、日本語を話して、日本国政府の方針に従う人しか、移民として受け入れない方針です。

河野さんは反マスメディアなので、売国といわれるのはマスメディアがしかけたネガティブキャンペーンの一種です。

-------

■河野太郎とメディアセンター

---
河野太郎氏が国立メディア情報センターに反対したのはどういういきさつかという質問にたいして、答えがあがったので回覧しておきます。
どうもマスコミのいらぬ報道削除がこの人の場合も激しいようです。

情報のでどころが自民党関係者ですから、一時情報として扱って頂いてOKです。



メディア芸術総合センターの件に関して言うと、河野さんはコンテンツ産業の振興に力をいれているという点に関しては麻生総理と完全に一致します。

それにも関わらず、メディア芸術総合センターに反対したのは、文化庁が建物の建設費用しか計上しなかったからです。

メディア芸術総合センターのマスタープランが安倍政権のもとでできたときは、箱(建物)ではなく中身に投資することを明確にうたっていました。しかし、文化庁の一部の官僚は自らの利権を拡大するために、中身でなく箱の部分に投資する案にすりかえました。文化庁の担当官の方は、箱さえつくれば何とかなると勘違いしているので、中身の運用法に関して具体的なアイディアは何ももってないです。

こうした背景があるので、河野さんはメディア芸術総合センターの「建物」を新たにお台場につくることを反対しました。


ということです。みなさんに知られている内容と事実は違うようですね。

 

---

ギャンブルパンフレットを捨てたと言う発言について。 ギャンブルパンフレットについての周知が自民党内でも混乱していて不用意な発言になったとききました。
これについては事実を知らし河野さんに厳重注意をしたようです。

■二重国籍問題

今後、議論になる可能性があるので、二重国籍問題についてふれます。

河野さんは日本人が世界で活躍できるようにするために、日本や欧米諸国などとの二重国籍を検討してもいいと考えています。これが南部博士に関する発言の背景です。

しかし、問題なのは東アジア共生路線の方は、在日の東アジア人の方が
日本の国籍をとりやすくするために、二重国籍を認めてもいいと考えていることです。

理由は180度近く違うのに、二重国籍が必要という結論にいってしまったので、ここでもさらに誤解を生んでいます

 

-----

河野太郎氏が提案した2重国籍容認というのは、欧米にすむ日本人が子どもを生んだ場合、その国の国籍も同時に習得する場合がある。その国籍を22才になった段階でどちらにするのか選択しなければならない。その人々にたいして両方の国籍をもっていてもいいのではないかという議論があることに対して、話し合いをしようと提案したということで、日本に移民や在日の外国人にたいする二重国籍の話とは全く違う話です。しかし、これは誤解されているようです。

 

このあたりのいくつかの誤解をぬぐうために「ごまめの歯ぎしり」を一度最後まで通読することをおすすめ致します。

しかし、確かにまだ河野太郎氏は若く、失言も多いし、その態度に傍若無人さを感じる人も多い。その部分についてはマスメディアだけでなく、一般の人から誤解を受けやすいキャラクターではないかとおもいます。

 

しかし、誤解やマスメディアの偏向によって売国奴のレッテルを貼られていることについては火消しをしなければならないと考えています。その上で総裁選にどうするのか、色眼鏡を掛けずに見てもらえるようにしたいと考えています。
どちらにしても河野太郎氏は麻生さんの側近。麻生さんの側近の力が弱くなればなるほど、第二次麻生内閣は遠のく。バッシングしまくって、日本の保守を虐めて虐めていじめ抜いたら日本はなくなります。ある程度の欠点は目をつぶりながら育てていかなければならない人を守らないと始まりません。

一度、ゆっくり目線をかえて見てみて下さい。

続いて「SNS-FreeJapan」の河野太郎「叩き」についてのレスより。

電凸しました。

「ネットの世論(叩き)は誤っていると認識するが、どうか。」
と問い合わせた。





「私は、河野先生の政策全てが好きではありません」

「好きではないというのは、政策の面で、疑問点があるからです。」

「重国籍のメリットについては、十分なアナウンスをされており、私も周知しております。」

「ただしそこに危機感をもつ立場でもあり、、、つまりはデメリットもございますでしょう?」

「その点のご説明が不十分なため、政策面での疑問をもつのであります。」

「ただし人間としては、【言わせたいなら言わせておけ】というような、さっぱりしたスタンスが感じられ【人間としては】好きなのです。」

「その上で、私は河野代議士が我々にしてくれたこと、例えばニコニコ動画などのチャンネルの開設でありますとか、そのようなもの、素晴らしいと思いますし結果として、若手の保守層が育った一年でもありました。この成果は大きくは、なぜか報じられません。」

「麻生さん以上に、メディアから嫌われているように思うのです。恐らくは上記の成果によって。」

「ネットでも【保守の顔】をしてミスリードをする者がおり、特に「国籍法」というのは、河野先生とは一切無関係ですよね?」

(これは激しく同意を頂いた)

「あまり考えたくもないし、陰謀論のようでありますが、お金をもらい仕事としてそれらの世論を操作する人間を感じる。」

「私は、もしかしたらわかるやも知れませんが、山本法務委員長(当時)の地盤の人間のため、衆院可決前に事務所側に直接パブコメを提出、公開質問状を提出し、その回答も法務委員長から頂いている。当時の委員会も外部の人間としては詳しいつもりです。ネットのデータ「ごとき」を元にお話しさせて頂いているわけではないんです。」

(ここで「ごとき」と発言したのは、先方をなだめるためと、実際に嘘ばっかりだからです。新聞社の動きも変でしたが、報じられた内容なども現場と違いすぎて、新聞でさえ、一次ソースとしては相応しくないと思う。それらを切り集めたネットのデータはもう本当によくわからない存在になっている。河野代議士はそういう意味では被害者意識を強く持っていると考えての「ごとき」発言です。ネットデータの全てを否定しているわけではない)

「どうも、繰り返しの自己紹介ですが、小坪慎也です。」
(もちろん最初に名乗っています。えっと、と言われましたが、もしかしたらピンと来たような印象)

「国籍法と、河野先生を結びつける動き、あれは否定してはいかがですか?」

事務所「なにをやっても、ダメなんです」

「では、私がなんとかしましょうか?」
「書面にて、○×で済むアンケート、これを作成します。
それなりのアクセス数を稼げますので、嘘は嘘だとわかると思います。
また私としては重国籍推進の立場をとられる以上、リスクに対してどのような手当てをとられるか、是非、伺いたい」

事務所「ちょっとお電話、変わります」
(恐らく本人登場)

「君ねぇ、俺、聞いてたけどさぁ(明るくラフで私は好感が持てた)」
「もうね、どうしようもないんさ、いろいろやったけどね」
(以降、文字にすると若干失言になるような言葉も出る。が、極めて軽快で好感が持てた。)
「アンケート作って、回覧。このやり方で僕から出せば、ある程度は抑えられますよ?」
「それに、保守側にある振りをしつつ、ミスリードしている人間、彼らに対するカウンターにもなりましょう?」

事務所(本人?)「うーん、党にまわしてもらえる??公式な見解ってことでしょ?一応まだ、一介の議員だからなぁ。やっていいのかねぇ。というか総裁選の前後ですっごい忙しいんだよ、終わってからじゃダメ??」

「極力、減らして○×形式にしますので・・・」

事務所(本人?)「いやぁ、ちょっと今はなぁ」
(恐らく下手な動きもできないということだろう)








党に出すなら支援というか、口利きはしてくれそうだ。
しかし総裁選前に、この点クリアにしておきたい。

確実にわかったのは「国籍法=河野太郎」を結びつけたのは、濡れ衣であるということ。
重国籍のPTの座長だからと言って、国籍法には無関係だ。
当時の法務委員長の山本さんにも、直接聞きに行こうかと思う。
許可が得られたら、ビデオもまわす。

で。
誰がレッテル貼りをしているのだろうか。
そんなことをすれば、党からも嫌われるし、我々の信用もガタ落ちだ。
繰り返すが、私は重国籍は慎重派だし、国籍法には反対だ。

そのため
河野太郎の政策も好きではない。

だからと言って
嘘をついて、レッテル貼りするのは、どうにも怪しいと思う。
間違えた人間は素直に謝ったほうがいい。
以降の発言、どんどんと信用を失だろう。

 



私自身、河野議員は支持できませんし、総裁になるのも反対です。
誤解を差し引いても、問題があり過ぎる。
何より、TVのコメンテーターがやたらベタベタしてるのが気になる。
絶対何か思惑があって推してると分かるが、それが何かは推測しかできない。
さっきまでそれ書いてましたが、当たってたら怖いんで下げました。
確実に言えるのは、メディアはネット層がもう自分たちを信用していないのを分かっていて、それを放っておくはずがないということ。
保守同士の対立は一番危険です。
それぞれの活動を尊重し、自分は自分のできることをしていきましょう。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
iいつもお疲れ様です。

いつもお疲れ様です。
チラシ使わせて頂いてますよ!
日々護国活動頑張ってますね… ありがとうございます。
私もしばらくは表だった活動は出来ませんが毎日何か出来る事探してやってます。

…って事で以下項目リンク先へ拡散して頂けたら幸いです。宜しくお願いします。エルモさんとこにも書き込もうと思ったんですが。パスワード消失で書き込めませんでした。宜しくお願いします。【外国人参政権】国民投票を求める超大規模OFF
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1253506692/

・国会議員(平沼赳夫や城内実、稲田朋美など)、ジャーナリスト(桜井よしこ、西村幸祐など)に頼んで広告塔になってもらう
・募金(一口1000円)を集めて、外国人参政権に関する国民投票実施を求める署名募集の新聞広告を大々的に打つ
・全国で街頭署名とネット署名を並行して集める。(法的拘束力は不明だが、おそらく拉致署名の時のことを考えれば500万以上集まればインパクトは与えられる。絶対阻止のためには1000万以上を目指す)

新聞広告は11月初旬を目標とし、12月末までの2か月間で1000万署名を集める。そのための組織作りも10月いっぱいで終える。
そして、来年1月の通常国会開会時に1000万の国民投票を求める署名を国会に突きつけて、外国人参政権法案を潰す。

来たぞ~



無題

>アンチコリアン加工様

いつもありがとうございます。
チラシが少しでも役に立つと嬉しいですね。
こちらの情報も拡散させて頂きます。
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア

最新コメント

[12/06 shiraha(仮)]
[11/30 アンチコリアン加工]
[11/09 shiraha(仮)]
[11/08 アンチコリアン加工]
[09/30 アンチコリアン加工]
プロフィール

HN:
shiraha(仮)
性別:
女性
職業:
政治犯(嘘)
趣味:
「ハーイあっこです」を極道漫画に改造すること
自己紹介:
政治を中心に歌を作ったり紹介したりする(予定)。当ブログで扱う件に関しては全て素人です。目下勉強中。あと麻生さんは自分の中では「策士」。
バーコード

ブログ内検索

P R